男性

ハードディスクのデータ復旧は時間との勝負|専門店に相談しよう

修理はすぐにしましょう

ハードディスク

ハードディスクはデータを保存しておくことができる、とても便利なものです。そんなハードディスクが故障をしてしまったら、すぐに業者に依頼してデータ復旧をしてもらうようにしましょう。大事なデータを失わないためにも、すぐに業者に依頼しましょう。

もっと読む

専門店に依頼しましょう

パソコン

あわてないことが大切です

仕事で使用しているパソコンが突然に起動できなくなってしまったら、誰でもあわててしまいます。しかしそのような時こそ冷静な対応が必要なのです。パソコンが起動しなくなってしまったりデータの読み出しができなくなったとしても、冷静な対応を行えばほとんどの場合でデータ復旧することが可能です。パソコンに不具合が生じた時は、まずは電源を抜くことが大切です。パソコンに通電したり自分で復旧しようと何度も再起動を繰り返してしまうと、パソコンの不具合がより深刻なものとなり、データやハードディスクの損傷がより深刻なものとなってしまいます。そのためパソコンに不具合が生じた時はあわてて自分で復旧作業を行おうとせず、速やかに専門店に依頼することが大切です。

様々なノウハウがあります

パソコンの不具合には大きく分けると理論障害と物理障害外があります。理論障害とはパソコンやハードディスクそのものには問題が無く、内部に保存されているデータが何らかの原因によって読み出せなくなった状態をいいます。一方の物理障害とはハードディスクやパソコン本体の物理的な故障によって生じる障害で、落下や経年劣化などによる部品の破損によって起きる場合がほとんどです。専門店ではどちらの障害が発生した場合でも、データ復旧やハードディスクの修復が行えるよう様々なノウハウを有しています。理論障害では損傷したデータを再びデータとして読み出せるように高度な演算処理を行い、データやOSに生じている障害を取り除くことでデータ復旧を行います。物理障害の場合はクリーンルームなどで故障の原因を究明し、破損部品の交換やハードディスクから読み出せなくなっているデータ復旧などを行います。パソコンのデータ復旧は早期に行うことが大切です。通電や再起動を繰り返すたびにデータ復旧を行うのが困難になってしまいます。パソコンに不具合が生じた時は、速やかに専門店に復旧を依頼するようにしましょう。

高速データ復元ツール

固定ディスク

海外製の復旧ツールは、日本国内データ復旧ツールより進化しているものが多くあります。ハードディスク内のデータファイルを復元ができるのか、またはどれだけの時間がかかるのかに特化したデータ復旧ツールも珍しくありません。また、確実に復旧が行えるファイルのみを抽出する処理を30秒以内には行うことができます。

もっと読む

重要なデータを守る方法

磁気ディスク

パソコンで仕事をしている時に急にハードディスクが故障することがあります。作業中のデータを取り出すにはデータ復旧が専門の業者に依頼することになります。バックアップを取っておくことが重要で、企業の場合はクラウドサービスが人気です。ネット空間に保存するので世界中どこからでも必要な時にデータを取り出せます。

もっと読む